病児保育施設のタイプ

現在日本各地に病児保育施設ができつつあります。病児保育施設を見てみると、大きく3つの種類に分類できます。それは病院に併設されているタイプと保育園に併設されているタイプ、病児保育室として独立して営業しているタイプです。

病院に併設されている場合、待遇はどの医療機関に併設されているかによって変わってきます。大きな総合病院に併設されている病児保育室の方が、クリニックに併設されているタイプと比較して給料その他の給料がきちんとしている所の多い傾向が見られます。医療機関のすぐ近くにあるということで、親御さんも安心して預けられると考えるようです。

保育園併設型の場合、待遇は良いようです。しかし医療スタッフが看護師だけというケースもあるので、すべての子供の容体をチェックする必要があり、仕事が大変になる可能性があります。単独の病児保育室は、事業所によってだいぶ待遇は変わってくるので、面接などの時に勤務条件をしっかりと確認することが大事です。

Categories: 未分類