病児保育室で働く看護師の役割

保育施設に転職する看護師も最近では増えています。親御さんから子供を預かって、健康管理を行うのが主な仕事です。その中でも病児保育園という所があって、そこで活躍する看護師の姿も見受けられつつあります。病児保育室とは、その名の通り、病気にかかっている子供を預かって看病をするための保育施設です。

いろいろな事情で、親御さんが子供の面倒を見られないこともあります。特にシングルマザーやシングルファザーだと仕事の関係もあるので、面倒を見られないケースもあります。共働きの場合でも、両方とも仕事で手を離せないという事態があります。その他には冠婚葬祭があって、子どもをどこかに預けないといけないというケースもあります。

そのような時に一時的でも子供の面倒を親代わりとなってみるのが、病児保育室の看護師の役割です。子供も病気にかかって、なおかつ自宅と異なる所で過ごすのは不安でしょうから、病気の看病の他にも子供の不安を取り除くようなケアも求められます。

Categories: 未分類